オープンデータ・フォーマット連携会計アプリ

応募者の情報
ご氏名 竹内久知
ご所属 ヒサトモ株式会社
e-mailアドレス nqh47418 [at] nifty.com
応募するアイデアの情報
アイデアの名称 オープンデータ・フォーマット連携会計アプリ
アイデアの概略説明 弥生会計オープン会計データ・フォーマットにより入力以降の会計処理は弥生会計で行い、会計伝票による入力の他に、外出先等で発生した取引、仕入、販売先よりの取引電子データを使用することが可能となります。
アイデアの詳細説明 CamiApp S(コクヨ(S&T)(株))と連携して弥生会計オープン会計データ・フォーマットを使用した、簿記伝票入力アプリで、伝票入力して、データチェツクして、弥生会計にエクスポートできる形式に変換して、弥生会計と連携する簡単でわかりやすい簿記伝票入力アプリです。弥生会計のデータ形式がオープンデータ・フォーマットとして公開されているために、会計伝票による入力の他に、外出先、出張さきで発生した取引をその場で入力したり、仕入、販売先よりの取引電子データを弥生会計のデータ形式に変換して使用することが可能となります。

簿記伝票入力アプリの特徴は
1.2012年全産業うち小規模事業者334万者(86.5%)向けの簡単で分かりやすい簿記です。
2.複式簿記、単式簿記、出納帳簿記のいずれでもない(2連)単単式簿記で、そのために伝票名を会計伝票と呼ぶようにしています。
3.複式簿記のわかりにくさになっている、勘定科目毎の貸借区分と伝票の貸借仕訳を不用とし、取引どうりの手順で入力できる伝票入力方式です。
例として、「商品10,000円を売上げて、代金を売掛金とした」場合、複式簿記では借方[売掛金]貸方[売上高]と入力します。
この簿記では、取引順どうりの[売上高][売掛金]として入力します。また[売掛金][売上高]として入力してもアプリで判別して、正しい方式に変換します。
4.この簿記で入力した会計取引は内部変換して、複式簿記に変換して、伝票入力以降は複式簿記で処理します。
5.アプリの画面ではではこの2連単式簿記方式と複式簿記方式を並列表示し、伝票入力と同時に複式簿記の学習ができ、事業規模が大きくなった時に、複式簿記に移行することが容易になります。
6.この伝票入力の金額はマイナス表記を行い、マイナス欄をチェツクして行います。
投稿したアイデア OpenDataFormat.pdf
アイコン icon
関連する作品の情報
関連するデータセット
関連するアイデア i002
関連するアプリケーション
関連するビジュアライゼーション作品 v006
関連する基盤技術作品

登録情報の修正について

修正の希望がある場合には実行委員会までご連絡下さい。lod-challenge[at]sfc.keio.ac.jp *メールアドレスの[at]を@としてお送り下さい。