dangerzone-sparql

応募者の情報
ご氏名 上田 洋
ご所属 [非公開]
e-mailアドレス [非公開]
応募する基盤技術の情報
基盤技術の名称 dangerzone-sparql
基盤技術のURL https://github.com/uedayou/dangerzone-sparql
基盤技術の概略説明 LODチャレンジJapan2013データ提供パートナー賞受賞作品「トイレ危険地帯」 をSPARQLクエリを書き換えるだけでトイレ以外の「危険地帯」をビジュアライズできるようにしました。
基盤技術の詳細説明 LODチャレンジJapan2013のビジュアライゼーション部門応募作品「トイレ危険地帯」は、鯖江のオープンデータからトイレの位置情報を使ってトイレの無い地域を可視化したWebアプリケーションです。

「dangerzone-sparql」は、SPARQLエンドポイントとSPARQLクエリを設定するだけで、「トイレ危険地帯」のようなアプリを簡単に作成できるように改変したものです。

使い方は、GitHubをご覧ください。
https://github.com/uedayou/dangerzone-sparql

デモはこちらからご覧いただけます。
http://uedayou.github.io/dangerzone-sparql/

デモアプリは、大阪市のオープンデータよりトイレの位置情報を使った大阪市版「トイレ危険地帯」です。

なお、危険地帯を示す半透明の赤い円は、アプリが自動的に計算して描画しますが、以下のページのように自分で円の半径を設定することもできます。

http://qiita.com/uedayou/private/d4a26a9ac7db5fd82471
アプリケーションの権利指定
表示
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示することを守れば、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス。
アイコン icon
関連する作品の情報
関連するデータセット 2013-d030
関連するアイデア
関連するアプリケーション
関連するビジュアライゼーション作品 2013-v008
関連する基盤技術作品

登録情報の修正について

修正の希望がある場合には実行委員会までご連絡下さい。lod-challenge[at]sfc.keio.ac.jp *メールアドレスの[at]を@としてお送り下さい。