D'ownLOD 『LODアプリケーションを手軽に作って、ダウンロード後、すぐ実行。』

応募者の情報
ご氏名 的野晃整, 中村章人, 小島功
ご所属 産業技術総合研究所
e-mailアドレス [非公開]
応募する基盤技術の情報
基盤技術の名称 D'ownLOD 『LODアプリケーションを手軽に作って、ダウンロード後、すぐ実行。』
基盤技術のURL http://downlod.linkedopendata.net/
基盤技術の概略説明 LODアプリケーションを作成するためのプラットフォームです。
SPARQLとSQLとHTMLの定義のみで、Webアプリが自動作成されます。
Webアプリはダウンロードした後、すぐに実行できます。
基盤技術の詳細説明 動機
====

「LODでしかできないアプリは何でしょうか?」

その答えは

「そんなアプリは存在しない」

と思っています。
LODにできるものは、LODの元データを使えばできるはずです。

しかし、より厳密には次のように答えることができると思っています。

「LODでしかできないアプリはないが、
LODでしかできない方法はあって、それはラピッドプロトタイピングである」

つまり、LODはフォーマットが統一し、公開され、リンクされているので、
アプリケーションを容易に作ることができるデータであると考えています。

一方で、アプリケーションを容易に作るための開発環境は存在していません。
そこでLODアプリケーションのラピッドプロトタイピングプラットフォームとして、
D'ownLODを開発しました。


特徴
====

D'ownLODの特徴は次の通りです。

* SPARQLとSQL、HTMLを定義するだけで、Webアプリケーションが作成できます。
* 作成したアプリケーションは、ダウンロードした後、即座に実行できます。
* Webサーバやデータベース、その他ライブラリ等を容易する必要はありません。
* 必要な物はブラウザとJava仮想マシンのみです。
* 生成されるアプリは、SPARQLの結果をローカルデータベースにキャッシュするため、高速に動作します。
* SPARQLの結果に対して、SQLでデータの再加工をすることができます。
* データとビューが分離した、きれいなWebアプリが自動生成されます。
* ソースコードもダウンロードできるので、独自に改良することも可能です。
* URLフォワード機能により、長いURLを任意の短いURLにフォワードできます。
* HTTPのGETパラメタに応じて、SPARQLやSQL中の一部が置換されるので、動的な問合せを実行できます。
* アプリケーション内で使うJSONデータを返すWeb APIが自動で用意されます。


手順
====

D'ownLODを使って、Webアプリを作る手順を簡単に説明します。

00. ユーザ作成:ユーザを作成し、ログインする
01. プロジェクト作成:プロジェクトを新規作成する
02. 一般定義:HTMLのヘッダ等の共通情報を定義する
03. データ定義1:任意のエンドポイントに対するSPARQLを定義する
04. データ定義2:SPARQLの結果に対するSQLを定義する
05. ビュー定義1:SQLの結果を表示する部分HTML(パーツ)を定義する
06. ビュー定義2:複数の部分HTMLを組み合わせたページを定義する
07. マッピング定義:SQLとパーツのマッピングを定義する
08. URLフォワード定義:長いURLを任意の短いURLへのエイリアスを定義する
09. ダウンロード:ビルドされたアプリケーションをダウンロードする
10. 実行:ダウンロードしたアプリケーションをローカルで実行する
アプリケーションの権利指定
表示
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示することを守れば、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス。
アイコン icon
関連する作品の情報
関連するデータセット
関連するアイデア
関連するアプリケーション
関連するビジュアライゼーション作品
関連する基盤技術作品

登録情報の修正について

修正の希望がある場合には実行委員会までご連絡下さい。lod-challenge[at]sfc.keio.ac.jp *メールアドレスの[at]を@としてお送り下さい。