ゴオルシェア

応募者の情報
ご氏名 白松俊, Teemu Tossavainen, 大囿忠親, 新谷虎松
ご所属 名古屋工業大学
e-mailアドレス [非公開]
応募するアプリケーションの情報
アプリケーションの名称 ゴオルシェア
アプリケーションのURL http://bit.ly/goalshare
アプリケーションの概略説明 社会課題とその解決目標をLOD化して共有するWebアプリケーションです。組織横断的な市民協働の促進を目指しています。「名駅地下街バリアフリーハッカソン (2014/10)」等のイベントで試運用中です。
アプリケーションの詳細説明 昨年応募した2013-a093をブラッシュアップしたものです。
社会課題と解決目標のデータセットのSPARQL Endpointはhttp://collab.open-opinion.org/sparql で,Graph URIはhttp://collab.open-opinion.orgです.

「誰がどんな課題に注目しているのか」「誰が何を目指して動いているのか」を一般市民が自ら入力して共有することを想定しています.
LODの枠組みによって,社会課題と解決目標の関係や,その部分目標との関係,協力者との関係などを紐付けし,似た目標を探せるようにします.

【ねらい】
多くの利害関係者が絡む社会問題を解決するためには,組織横断的な協働が不可欠です.従来のSNSには方向性の似た潜在的協力者を探す機能がありませんでしたので,このようなサービスを開発することで公共圏での協働を促進したいと目論んでいます.
利用したデータセット 2013-b011(GeoLOD),2013-d063(復興目標LOD),Facebookの人物URI, Twitterの人物URI
ライセンス MIT License
アイコン icon
関連する作品の情報
関連するアイデア 2013-i040
関連するデータセット 2013-d063
関連するアプリケーション 2013-a093
関連するビジュアライゼーション作品
関連する基盤技術作品 2013-b011

登録情報の修正について

修正の希望がある場合には実行委員会までご連絡下さい。lod-challenge[at]sfc.keio.ac.jp *メールアドレスの[at]を@としてお送り下さい。