募集要項

1.応募作品

Linked Open Data チャレンジ Japan 2011(以降 本チャレンジとする)ではデータセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門の3部門における作品の募集を行います。

各作品は、本サイトの「各部門の応募に関して」および「応募規定」に従い応募して下さい。
本チャレンジでは、以下のように公開された応募作品がつながり新しい価値を創造すること、つまり応募された作品の再利用を推奨しています。

  1. データセット部門で応募された作品を再利用または活用して新しいデータセットを応募する。
  2. データセット部門で応募されたデータセットを利用するアイデアをアイデア部門へ応募する。
  3. アイデア部門で応募されたアイデアを実現するアプリケーションを開発しアプリケーション部門に応募する。
  4. アプリケーション部門で応募された作品をより魅力的にするためのアイデアやデータセットを応募する。

ただし、アイデア部門については、作品に対するオジリナル性を保証するためにチャレンジ開催中に公開とするか非公開とするかを応募者が応募時に指定可能とします。
またアイデア部門の応募作品については非公開の期間を設定します。

データセット部門とアプリケーション部門へ応募された作品はチャレンジ開催期間中において常時公開となります。
詳細は「募集部門」をお読み下さい。

2.応募期間

応募期間は2011年10月11日 〜 2012年1月31日です。

3.応募方法について

本サイトにある各部門の応募フォームに必要事項を記入し応募して下さい。

4.審査方法と審査結果発表

審査方法と表彰」に基づきLinked Open Data チャレンジ実行委員会で行います。

審査結果は2012年3月8日に開催される「セマンティックWebコンファレンス2012」にて発表します。

5.Linked Open Dataチャレンジ開催期間中の活動について

本チャレンジに多くの方が応募して頂くことと、本技術の普及を目的として本チャレンジ開催期間中にも講演会・勉強会などのイベント開催を予定しております。
詳細は本サイトにおいて順次公開していきます。

LODチャレンジ応募から表彰までの流れ

募集部門についての詳細