表彰予定賞及び賞金額

without comments

プレスリリース

2014年12月8日

報道関係者各位

LODチャレンジ実行委員会

 

Linked Open Data チャレンジ Japan 2014 表彰予定賞及び賞金額のお知らせ

 

 LODチャレンジ実行委員会(所在:慶應義塾大学環境情報学部萩野研究室、実行委員長:慶應義塾大学環境情報学部教授 萩野 達也)は、現在、作品募集を行なっているLinked Open Data チャレンジ Japan 2014 (以下、LODチャレンジ2014)での表彰を予定している各賞とその賞金額について発表します。

 アイデア部門、データセット部門、アプリケーション部門、ビジュアライゼーション部門、基盤技術部門の各部門表彰に加えて、Platinumスポンサー賞、審査員特別賞の各賞の表彰を行います(授賞式は2015年3月12日に開催)。

 LODチャレンジは、さまざまな分野でLinked Open Data (LOD) のデータづくりや活用にチャレンジされている方々による活動の発表の場を提供します。新たなデータづくり、データ公開、データ共有の仕掛けやオープンデータ活用のアイデア、アプリケーションなどを「作品」として募集します。オープンデータのコミュニティを醸成し、応募作品をコンテスト形式で評価し合いながら、オープンデータ活用のベストプラクティスを探ることで、日本の新しい未来を創造することを目的とします。

 作品の募集締切は2015年1月18日です。既に複数の作品応募をいただきましたが、是非、多くの皆様にこの取り組みにチャレンジしていただきたいと思います。引き続き、作品のご応募をお待ちしております。

 

*授賞賞金総額

150万円以上

 

*各部門賞:総額114万円

アイデア部門

最優秀作品

10万円

優秀作品

7万円

データセット部門

最優秀作品

15万円

優秀作品

10万円

アプリケーション部門

最優秀作品

20万円

優秀作品

10万円

ビジュアライゼーション部門

最優秀作品

10万円

優秀作品

7万円

基盤技術部門

最優秀作品

15万円

優秀作品

10万円

 

Platinumスポンサー賞:総額20万円(組織名五十音順)

朝日新聞社
日本マイクロソフト株式会社
富士通株式会社
一般社団法人リンクデータ

 

審査員特別賞:総額20-30万円

審査員特別賞は各部門賞、Platinumスポンサーとは別にキラリとした応募作品を複数表彰します。授賞式で発表します。現時点では以下の賞の設置を予定しています。

  • LODチャレンジデー賞 (LODチャレンジデーと称するイベントにおいて開催されたアイディアソン、ハッカソンなどのイベントをきっかけに作られたチームによる応募作品などを表彰)
  • 公共データ賞 (公共データの積極的な活用につながる作品を表彰)
  • 学生奨励賞 (学生からの優れた応募作品を表彰)

 

*特別賞を創設したPlatinumプラチナスポンサー応募者への期待

  • 朝日新聞社
    • 朝日新聞社は、日々進化するテクノロジーを受け入れて変わりつづけるための取り組みを「未来メディアプロジェクト」と位置付け、さまざまな挑戦をしています。
      2014年3月には国内の新聞社として初めて、社会課題を見える化する「データジャーナリズム・ハッカソン」を開催し、社外のエンジニアやデザイナーの方々と記者が一緒に新しい報道に挑みました。
      今年度のチャレンジ参加者の皆さんから、データを活用して社会課題をより分かりやすく伝えたり、解決策を共有するような新しい報道・メディアの可能性を示す作品が生まれることを期待しています。

 

  • 日本マイクロソフト株式会社
    • オープンデータに対する国・自治体の関心の高まりや取り組みの加速は、昨年のLODチャレンジの際と比較しても目覚ましいものがあります。
      マイクロソフトとしても様々なオープンデータの取り組みを国内外を問わず支援していますが、その中でLODの存在感も一層高まってきています。
      過去のLODチャレンジでは、クラウド環境「Microsoft Azure」の技術支援を通じて「次世代統計利用システム・イエローページ http://nexstat.azurewebsites.net/ 」のような素晴らしい作品のお手伝いをしてまいりました。
      今回のLODチャレンジでも、より多くのオープンデータやサービスが生み出され、弊社としてもオープン・イノベーションに寄与できることを期待しております。
    • LODチャレンジ2012では、オープンデータを使い「スマーター・シティー」を体現する、世の中をあっと言わせるような作品が数多く応募されることを期待しています。

 

  • 富士通株式会社
    • 人々がICTの力を活用して、ビジネス・社会にイノベーションを起こし、豊かな社会を築いていく-富士通では、こうした新たな社会を「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」と呼んでいます。近年、世界中に拡大するオープンデータ活動は、まさにヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティを実現する有力なアプローチであるといえます。 このLODチャレンジの先進的な取り組みが、世界のオープンデータ活動を牽引し、豊かな社会の実現につながることを期待しています。

 

  • 一般社団法人リンクデータ
    •  LODチャレンジをはじめコンテストに作品を応募される皆様の中には、コンテストで受賞することだけではなく、その先のさらなる展開を目指している方も多いのではないでしょうか。LinkData.orgでは、LODチャレンジへの作品応募やイベント参加をきっかけに、「一緒に活動する仲間を集めたい」「地域の課題を解決したい」「新しいビジネスを起こしたい」といった夢を持つ皆様を応援し、皆様が創り出す素晴らしい作品がさらに大きな成果へとつながるように、様々な面からサポートするための基盤を提供してまいります。

 

*LODチャレンジ2013(昨年度開催)受賞作品一覧

http://lod.sfc.keio.ac.jp/blog/?p=2109

*本件連絡先

LODチャレンジ実行委員会 事務局

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322

慶應義塾大学環境情報学部 萩野研究室内

lod-challenge@sfc.keio.ac.jp

 

なお、その他、開催の主旨・概要については、下記の参考情報および、2014年10月1日のプレスリリースをご参照ください。
 
Linked Open Data チャレンジ Japan 20124 作品募集開始のお知らせ

 


 

【参考】

*公式サイト・SNS

公式サイト:    http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2014/

Facebook:   http://www.facebook.com/LOD.challenge.Japan

Twitter:     @LodJapan

ハッシュタグ:#lod2014

 

Written by otomori

12月 8th, 2014 at 3:55 pm

【参加レポート】オープンデータ・サミット

without comments

 2014年9月27日、慶應義塾大学三田キャンパスにて「オープンデータ・サミット」が開催されました。本イベントの様子を実行委員の和田 康宏さんに寄稿していただきました。

 

-----------------------------------

 

 爽やかな秋晴れの中、慶応大学三田キャンパス南校舎ホールに於いて「オープンデータサミット」と銘打ち、LODチャレンジ2014キックオフイベントを開催致しました。
会場には100名を越える方々にお越しいただきました。

 

 

 イベントは「第一部:LODチャレンジキックオフ宣言」「第二部:オープンデータサミット」の二部構成で行いました。

 
●第一部:LODチャレンジキックオフ宣言

 開催に先立ち実行委員長 荻野より挨拶の後、LODチャレンジ実行委員会事務局の乙守よりLODチャレンジ2014の開催について説明させていただきました。

 

 

 引き続きLODチャレンジ2013でそれぞれアイディア部門の最優秀、優秀賞を受賞された2作品について、受賞された2チームを代表して一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパンの木田様とライフサイエンス統合データベースセンターの山本様より講演いただきました。

 
—————————————————

木田 和海(一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン)
「足で稼ぐデータ ~『通勤情報解決プロジェクト』を例にしたOpenStreetMap 活用のポテンシャル~」

 
山本 泰智(ライフサイエンス統合データベースセンター)
「メイド・イン「地元」~「地域愛」と「オープンデータ」を活用した地域活性化~」

—————————————————
(発表順、敬称略)

     

 LODチャレンジ実行委員会では国内の各地で「アイディアソン」「データソン」「ハッカソン」などを開催、または共催し、様々な「Link = つながる」を広める取り組みを行っています。この「つながる」運動はデータとアプリだけに止まらず「イベント」と「イベント」、人と人の繋がりを大事にしてきました。今回発表いただいた2チームはこの「つながる」で成果をあげられ、その素晴らしさと可能性を私たちに教えてくれました。

受賞作品については下記のページで紹介しています。

メイド・イン「地元」~「地域愛」と「オープンデータ」を活用した地域活性化~

通勤情報を可視化することによる通勤問題解決

 

 次にプラチナスポンサーである日本マイクロソフト株式会社の大田様、株式会社朝日新聞社の崎川様より講演していただきました。

 
—————————————————

大田 昌幸(日本マイクロソフト株式会社)
「マイクロソフトと実現する “オープンデーターを活用した未来” 」

 
崎川 真澄(株式会社朝日新聞社)
「データジャーナリズムハッカソンを中心とした朝日新聞“未来メディアプロジェクト”の取り組み」

—————————————————
(発表順、敬称略)
 
 
●第二部:オープンデータサミット

 第2部では7名の有識者の方々に講演を行っていただいた後でパネルディスカッションを行っていただきました。

以下、登壇いただいた有識者の方々のお名前と講演タイトル、スライドです。
 
—————————————————

庄司 昌彦(Open Knowledge Foundation Japan)
「Open Minds to Open Action」

 
村上 文洋(株式会社三菱総合研究所/オープンデータ流通推進コンソーシアム)
「オープンデータ流通推進コンソーシアムの活動紹介とこれからのオープンデータについて」
「オープンデータの狙い」


 
小俣 博司(Code for Japan/オープン川崎)
「Code for Japanの活動紹介と地域コミュニティ」

 
関本 義秀(東京大学生産技術研究所/アーバンデータチャレンジ東京)
「アーバンデータチャレンジ2014とサステナブルの情報流通への取組について」

 
竹内 聡 (福岡市役所/ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会)
「福岡市におけるオープンデータの活用推進に向けた取組み」

 
豊田 哲郎(独立行政法人理化学研究所/LODチャレンジ実行委員会)
「オープンデータと成果の官民統合データベース」

 
高梨 益樹(富士通株式会社/LODチャレンジ実行委員会)
「データ活用ビジネスから見たオープンデータ」

—————————————————
(発表順、敬称略)
 

 ディスカッションでは「オープンデータを活用して目指す社会とそのために実現したいこと」をテーマに議論していただきました。会場の方々からtweetを通していただいたご意見や質問をディスカッションに反映する、という形をとり活発なやりとりが行われました。

 

 
オープンデータの推進により経済的な効果、官民が協働して公共サービスを提供する社会の実現などが見込まれる、との見通しについては

・オープンデータを活用して目指す社会を現時点で1つの方向に決めるのはまだ早い。
・まだ取組が乱立する混沌で良い。成果の事例ではなくオープンデータを公開、活用、評価のプロセスを重視すべき。

などの意見が寄せられました。
 
また、上記にある「プロセス(トライアル)」を推進してゆくには何が必要か?という質問に対しては

・ ハッカソン作りっぱなし問題や役立つアプリケーション作りに繋げるためにハッカソンの先に普及・ビジネス化を目指した「マーケソン」というイベントが効果を発揮するのでは?
・活用組織が多々ある中でコミュニティに参加しなければオープンデータを活用できないという状況は防ぐ必要がある。そのために、活用しやすいデータ基盤を整えることで、 まずは1人でも始められて、データを媒介して随時仲間が増えて、緩やかに繋がって行ける社会を目指したい。

などの意見が寄せられ、これからも多くの組織、参加者を巻き込んでオープンデータの活用方針や課題を共有する場を設けていくことで意見が一致しました。
 
私自身、今回のイベントでは会場の枠を越えてtweetを介し「オープンデータ」に関する議論を共有出来たことが一番の成果だったと感じます。
当日のtwitterでのつぶやきをまとめたTogetterでも当日の議論の流れ、盛り上がりが確認できます。
 
LODチャレンジ2014がスタートしました。2015年1月18日の締切りまでの間には数ヶ所でLODチャレンジデーも開催いたします。あなたも是非、「つながる」運動にご参加ください!

LODチャレンジ実行委員
和田 康宏

Written by lod-committee

10月 15th, 2014 at 1:25 am

【参加レポート】名駅地下街バリアフリーマッピングパーティー

without comments

 2014年8月24日に名古屋駅にて「名駅地下街 バリアフリーマッピングパーティー」が開催されました。このイベントにご参加いただいた名古屋大学の一円真治さんに参加レポートを寄稿していただきました。

 

-----------------------------------

 

 2014年8月24日(日)に名古屋駅地下街バリアフリーマッピングパーティーを名古屋駅近くのプライムセントラルタワー13階の会議室で開催しました。私は運営者兼参加者という立場で参加してきました。

 今回のイベントの目的は実際に駅の地下街を歩いて、バリアフリー情報(段差・スロープ・手すりの有無など)やその場所の写真を集め、地図上にマッピングすることで駅地下街バリアフリー地図を作成することです。加えて、9~10月に開催を予定している外出困難者支援アプリのための開発イベントにむけて、「車椅子の方は、どんなことに不満・不安を感じているのか?」、「どんなサービスが必要だろうか?」といった課題を見つけることも目的となっています。

 このイベントは東海地方のNPOにも協力をいただいていて、車椅子を生活で使っておられる方々も多く参加されていました。 本イベントの主催者である名古屋工業大学の白松先生による趣旨説明の後、地下街エリアごとにチームを決め、さて出発です!各チームは車椅子の方2~3人を含んだ6人ほどで5チームができました。会場には、高齢者体験グッズや車椅子が用意してあり、実際に体験しながら、街歩きができます。私は、せっかくなので車椅子に乗って街歩きにでかけることにしました。

 

                     

 

 私のチームでは地下街のミヤコ地下街・新名フードという会場から一番遠いエリアに向かいました。会場のビルは駅まで地下通路でつながっておらず、外にでて、400mほど離れたエレベータに行かなければなりませんでした。つまり、名古屋駅地上から地下にいくには階段しかないのです!これは階段が使えない状況になってはじめて気付かされることでした。さて、目的エリアに到着したら、配布された地下街地図を見ながら、各店舗入口の段差の有無や通路の幅、エレベータの有無といった情報を集めて行きました。

 

     

 

 エリアの街歩きが終わった後は、会場に戻って情報の整理と街歩きを通じて感じた課題やほしいアプリについて各チームで話し合い、発表を行いました。

 

     

 

 私のチームでは、2つの課題をあげました。
1. 階段があってもエレベータが無いために地上や行きたいお店に行けないこと
2. 施設内の配色・形状の統一いったデザイン性重視の設計がされているがために、多目的トイレやエレベータの案内マークがわかりづらくなっている

 

 課題解決のためのアプリ・サービス案としては、スマートフォンアプリのみにこだわらず、以下のように色々な視点からの案を発表しました。
• バリアフリー情報を考慮した音声ルート案内アプリ
(階段を使わず、段差がないルートを選択してナビをしてくれる)
• ルート案内パンフレットの作成
• ARと屋内位置測位技術を組合せて、紙のパンフレット上の案内ルートに現在地をARで表示することによるナビゲーションの実現

 

 今回のバリアフリーマッピングパーティーに参加して、おおげさですが世の中の見方が変わったと私は思っています。今までの生活の中で、道路の凹凸・エレベータや段差の有無・お店のカウンターの高さ・通路の幅といったことにあまり気を向けていませんでした。実際に車椅子に乗ってバリアフリー情報を集めることで、車椅子の入れるスペースがあるお店・飲食店しか入れないこと、数cmの段差が移動の大きな負担になっていることを、身をもって体感することができました。この経験を活かすためにも、9~10月にアイデアソン/ハッカソンを行い、継続的にバリアフリー情報マッピングパーティーを実施していきたいなと思いました。

 

名古屋大学大学院工学研究科
計算理工学専攻 修士2年
一円 真治

Written by lod-committee

10月 6th, 2014 at 10:21 am

Posted in 参加レポート

Tagged with

Copyright©2014 Linked Open Data Challenge Japan 2014.